オリジナルTシャツへのこだわりを書いてみる。

登場して4年、ずっと人気のはいさいTシャツ

 

昨日、はいさいTシャツをオンラインストアに追加しました。

「オンラインに載せないの?」と問い合わせ頂き、ありがとうございました!

 

 

 

古宇利島ビーチサイドは、しんじとやすよ、二人で経営しているちいさなお土産屋です。

オンライン系は基本しんじが担当していて、この文章もしんじが書いています。

 

今日はTシャツの話をちょっと長めに書きたいと思います。

 

 

Tシャツの選び方

 

僕は昔から旅行先でTシャツを買うのが好きでした。

 

その土地でしか販売していないもの(今ではネット販売も増えていますが)が昔から好きです。

伝統工芸品も好きですが、

・訪れた場所(人)が気に入った時にその土地の何かが欲しい

・旅行が終わったあとも、心のどこかに留めたい。

という気持ちもあり、よく買っていました。

 

服というのは、意思表示もできるものだと思っています。

制服なんかもそうですが、着ている服装や着こなし方でその人の職業だったり、なんとなくの性格がわかることもありますよね。

Tシャツは、それがとても簡単だなと思っています(笑)

 

最近僕が買ったTシャツの話になりますが、渋谷にあるカフェのTシャツを買いました。

渋谷2丁目にある factory というカフェのTシャツです。

僕が大学生の頃によくお邪魔していたお店でして、

お店も好きだし、お店をやっている方も好きなので、今は離れているのでなかなか行けませんが

東京へ行くときはなるべくお邪魔しています。

きっと人より、好きなものを意思表示したい性格なんでしょうかね。

Tシャツが発売された途端、すぐ買いました(笑)

 

 

他のTシャツでいうと、毎年3/11にはなるべく同じTシャツを着ています。

南三陸町へ行ったときに購入した、背中に「今もそしてこれからも3.11を忘れるな」と書いてあるTシャツです。

 

 

自分自身も忘れないし、着ているだけで周りの誰かにも伝えられるので気に入ってます。

 

 

オリジナルデザインのTシャツが大好きなので、

Tシャツが着られる季節は年中こういったTシャツを着て過ごしています。

 

ちなみに、

デートだったり、友達と遊ぶ時にちょっとカッコよくしないとなぁという時は、

アウトドアブランドのTシャツやストリートブランドのTシャツを着ますね。

レアです(笑)

Tシャツだけで50枚以上くらいありますね。(エコじゃないね、けど好きなので)

 

僕にとってTシャツの選び方は、自分の主張の一部として選択している。

という話でした。

 

 

オリジナルTシャツはどうやって考えるか?

 

お店のロゴTシャツから始まり、今では5シリーズに増えました。

(2015 初代お店ロゴT)

2016 お店ロゴT

2017 はいさいT

2018 泳げないゴーヤーT

2019 おっ!パインT

2020 しろてぃーだかんかん(首里城T)

 

まずは生地選びからです。

Tシャツは生地によって、どれだけ長く着れるかは異なります。

様々なTシャツ生地を着た結果、今お店で販売しているTシャツの生地に使っているUnited Athleの5001番へたどり着きました。

沖縄はTシャツを着る季節も多いですが、それでも3,4年は着れる生地だと思います。

 

うちで販売しているTシャツはすべて同じ5001番を使用しています。

 

 

何をつくるか?

これはとても難しい問題です。

売れなければ赤字になってしまうので「売れる」という観点からは抜け出せません。

そして、制作する側としては、商品を気に入った人に買ってもらいたいです。

①売れそうなもの

②多くの人に気に入ってもらえるもの(①と同じ意味でもありますが。。。)

当たり前ですが、この2点はやはり大切。

 

しかし。。。

初めの方に書いたことなんですが、

・訪れた場所(人)が気に入った時にその土地の何かが欲しい

・旅行が終わったあとも、心のどこかに留めたい。

という感情でお客さんに選んでもらいたい気持ちがあります。完全に僕のエゴです。

 

さきほどの①、②、そして僕のエゴ、この3つのバランスの良いところを目指しました。

 

 

 

 

途中ですが、長くなってきたので終わります。

少なからず、それぞれのシリーズにファンがいてくださるので、後日もう少し続きを書きたいと思います。

 

 

はいさいTシャツはカラーとサイズに限りがございますので、ご希望に添えない場合がございます。

欲しいサイズがあれば、お早めに。(増刷時期は現在未定です)

よろしくおねがいします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です